介護ノ求人コミュナビ

ストーリーのある介護、医療、福祉の求人と情報

イメージ32 (2)_R

夏の疲れを食べてケア。いちじくは皮ごと食べる!?

今が旬のフルーツ、いちじく。

いちじくを食べる時、皮をむいて、あるいは皮ごと食べる人もいます。

皮ごと!?

今まで皮をむいて食べていた人は抵抗があるかもしれませんが、実はいちじくって皮ごと食べてもOKなのです。

実は、いちじくに限った話でではありませんが、野菜や果物の皮に近い部分は栄養素がグッと凝縮されている部分。
(なかにはみかんを皮ごと食べる人もいるそう!)

いちじくは皮の部分が食物繊維が豊富で、整腸作用が期待できるし、抗酸化作用のあるアントシアニン(ポリフェノールの一種)も含まれているため、体内の潰炎症を抑えたり、循環機能に働きかけます。

初秋は夏の疲れが出やすい時期です。
栄養価の高く低カロリーないちじくを皮ごと食し、からだをケアしましょう。

関連エントリー
数粒で疲労から回復!ぶどうのパワー
中近東生まれのパワーフルーツ「デーツ(ナツメヤシ)」
なんとバナナを冷凍するとアレが2倍に!
果物の王様「ドリアン」の種を食べてみよう!
高齢者が栽培しやすいパッションフルーツ


フルーツ

kaigonok • 2017年9月18日


Previous Post

Next Post