介護ノ求人コミュナビ

ストーリーのある介護、医療、福祉の求人と情報

imageヤマモモ酒_R

旬の果実ヤマモモを使ったお酒作り

6〜7月はヤマモモが実をつけ、収穫できる季節。
街路樹やお庭のシンボルツリーとして植えられているヤマモモですが、実が食べられることを知る人はどちらかといえば少数派のようです。

そのままナマで食べると甘酸っぱく、沢山収穫できるとジャムやお酒にして楽しむ方もいらっしゃいます。

昔、お庭にヤマモモを植えていらっしゃる方からヤマモモ酒につけられていた12年ものの実をいただいたことがあります。

お酒に浸かって赤黒くなった果肉はお酒の苦味をふくみ、ほの甘く、生の酸味はなくなり「熟成」を感じさせるものでした。

ヤマモモ酒は焼酎(アルコール)+氷砂糖でつけますが、梅なしの梅酒につけてみるテもあるので、作ってみました。(上の写真)

ポイントはヤマモモを洗ってゴミを丁寧に取り、熟した色の濃いものを選びわけ、果梗(かこう)を取り除くこと。

ヤマモモがヒタヒタになるぐらいに梅酒を入れて果肉の赤色と香りと味が移った頃から飲めます。
出来上がったお酒はろ過し、ほかの瓶に入れてください。

関連エントリー
音楽は認知症患者を目覚めさせる。映画『パーソナルソング』
運の良い人が密かに実行しているグリーンエクササイズ

直感はいつも正しい。その能力が高まる時はいつ?
運気について。「平均回帰の法則」を知っとくと便利かも
自分にとっての「いいこと」を伝える時、無我夢中になりすぎると・・・
その人は裏切らない?信頼できる人かどうかの判断ポイントとは


食事

kaigonok • 2017年7月8日


Previous Post

Next Post