介護ノ求人コミュナビ

ストーリーのある介護、医療、福祉の求人と情報

スタンディングデスクイメージ_R

その喉の異物感は「ヒステリー球」!?

今年1月、何年かぶりに風邪をひいてしまいました。

インフルエンザの検査(キットで簡単に判明するのは便利かと思いますが、あの棒を鼻の穴につっこまれるのは拷問ですわ)も行い、インフルエンザに感染してはいなかったものの、風邪の症状は長く続きました。

風邪が治りかけ、カラダはラクになったものの気になったのは「喉の異物感」。
常に何か詰まっている感じなのです。
飲食しても喉にひっかかるわけでもなく、痛みもなく。ただ「ゴロゴロ」がとれない。

後日、漢方を研究している方から「ヒステリー球かもしれない」と言われました。

東洋医学では「梅核気(ばいかくき)」と呼ばれる、ヒステリー球は「精神的なもの」が原因だとか。

喉に何かが詰まっているような異物感。
時々、異物感はなくなるけど、気がつくとまた喉がゴロゴロ。

漢方研究をする方いわく、自分の意見をずっとかみ殺す(我慢ばかりする)人、つまりストレスを抱えている人によく見られる症状なのが、この梅核気。「喉ってその人の気持ちがわかる声に直結してるから、症状も正直にあらわれのよ」

おすすめの漢方薬もあるそうですが、まずはリラックス。
ゴロゴロを感じたら、蜂蜜(ローのもの)を舐めて喉をナデナデしてあげるとよいそうですよ。

関連エントリー
音楽は認知症患者を目覚めさせる。映画『パーソナルソング』 運の良い人が密かに実行しているグリーンエクササイズ
直感はいつも正しい。その能力が高まる時はいつ?
運気について。「平均回帰の法則」を知っとくと便利かも
自分にとっての「いいこと」を伝える時、無我夢中になりすぎると・・・
その人は裏切らない?信頼できる人かどうかの判断ポイントとは


ライフ

kaigonok • 2017年3月26日


Previous Post

Next Post