介護ノ求人コミュナビ

ストーリーのある介護、医療、福祉の求人と情報

ddp6image_R

ついにメルカリがシェアサイクル事業に参入!

フリマアプリを企画・運営する株式会社メルカリ。
スマホにメルカリのアプリをダウンロードしている人は多いはず。

そのメルカリがシェアサイクル事業「メルチャリ」を2018年初頭のサービス開始を目指しているそう。

アプリを使ったシェアサイクル事業といえば、先日、札幌でサービスが開始されたモバイクがありますを。

メルカリによると、
「メルチャリ」は、アプリを使って、街中にあるメルチャリ(シェアサイクル)を必要なときにいつでも公共交通のように使えるサービスです。2018年初めから、主に都心部での展開を開始し、順次展開エリアを拡大していく予定です。

通勤や観光のちょっとした距離を移動するときに、街中にあるメルチャリをみつけて、アプリでレンタルして移動。そして、目的地近くの好きな場所に停めるだけ。メルチャリがあらゆる場所にあることで、ドアtoドアの移動が圧倒的に楽になることを目指します。

なのだそう。

行動(移動)範囲が広がるし、駐車にも場所をとらないし、人間の力をエネルギーとする自転車。
自転車をこぐこと=有酸素運動ですし。
そして空気を汚さないことも自転車の魅力です。

企業や自治体との協業も見据えている「メルチャリ」。
サービスもハードもゼロからクリエイトする人材も募集されています。

来年から日本の道にはシェアサイクルがあふれる!?
メルチャリに期待しています。

この報道から間もなく、DMMもシェアサイクル事業「DMM sharebike(仮)」の検討を開始すると発表!
サービス開始は2017年末から2018年初頭を目指すそう。
東京五輪の頃には人々の移動は自転車がメインストリームになっていたりして!?

関連エントリー
自転車シェアサービスが人々のアシを変える!?
市民ドライバーがウーバーを使ってライドシェア。京都府京丹後市
自家用車のライドシェア(相乗り)はおおいに需要がありそう!
ロボットタクシーの実証実験。将来は介護施設の巡回車としても?
2020年までに自動運転タクシーデビュー。高齢者の事故率は下がるか


ライフ

kaigonok • 2017年9月12日


Previous Post

Next Post