介護ノ求人コミュナビ

ストーリーのある介護、医療、福祉の求人と情報

imageヨガナンダ_R

聖者ヨガナンダを描いた映画『永遠のヨギー』

今は亡きスティーブ・ジョブズがiPadに唯一ダウンロードして何度も読み返した本として知られる『あるヨギの自叙伝』。著書はインド生まれのパラマンサ・ヨガナンダという人物。この本はヨガナンダが他界した後、今もなお、世界中で売れ続け、人生のバイブルとする人もいます。

そのヨガナンダの生涯と教えを描いたドキュメンタリー映画が『永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅』 (2014年、Awake: The Life of Yogananda)です。

私は『あるヨギの自叙伝』を読んだわけでも、ヨギーニでもありませんが、敬愛するある方が、少年時代に初めて手に取り、よみふけった精神世界の本が『あるヨギの自叙伝』とおっしゃったことを思い出し、DVDを見ることに。

ヨガナンダは生まれ育ったインドからアメリカに渡り、瞑想やヨガを通じて自己の探求の道を示し、多くのアメリカ人に受け入れられた成功者でもありましたが、同じくインドからアメリカに渡った同胞(幼馴染み)とのトラブルに巻きこまれ、傍目には「転落」と映った不遇の時代も経験します。

そんな時、彼は誰も近づけない遠い場所へと行ってしまいます。

それは…自分の心の中。
そう。誰も入り込めない唯一の場所。

ドキュメンタリーでは生前のヨガナンダに関わりのあった人々や彼の教えに導かれた人々のインタビューを交え、ヨガナンダの哲学にふれていきます。

中国の『論語』のように、人生の教訓としたくなるような言葉の数々が散りばめられているこのドキュメンタリー。見ると、ヨガナンダに興味を覚え、彼が生前、急ピッチで出版を進めた本『あるヨギの生涯』を読みたくなりました。
(この本にまつわるエピソードだけで1つのドキュメンタリーができるのでは?と思いました)

関連エントリー
50年後に実るシニアの恋。映画『ジュリエットからの手紙』
音楽は認知症患者を目覚めさせる。映画『パーソナルソング』
宇宙人、地球行きたくないってよ。映画『美しき緑の星』
80代のカメラマンが主人公。映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク 』
世田谷区の「認知症おうちカフェ キラリ会」へ。 足こぎ車イス体験も


kaigonok • 2017年9月13日


Previous Post

Next Post