介護ノ求人コミュナビ

ストーリーのある介護、医療、福祉の求人と情報

imageOhkajyu_R

タイ・チェンマイで話題沸騰!レストラン「Ohkajhu」

昨年、久しぶりに訪れたチェンマイ。
こちらで長く滞在されている方か と夕食をご一緒することになりました。

「チェンマイの外食も世代交代が進んでいてね、これから行くお店はチェンマイ大学出身の若者3人にが立ち上げたレストランなんだけど、今までチェンマイにはなかったお店だよ。ただし、人気がありすぎていつも混んでるからすぐに食事できるかどうかが問題なんだけどね」

という話から始まり、連れていっていただいたのが「โอ้กะจู๋(ohkajhu(オーカジュ)」という名前のレストラン。

私たちが行ったエアポートプラザの支店ではお客さんたちがお店の外までも並び、私たちは予約を入れて近くのワインショップ併設のテラスでワインを。

「チェンマイといえば、カオソーイ(カレーラーメン)にサイウア(ソーセージ)など、郷土料理の名店といわれるお店にまずお客さんを案内していたけど、最近はここが多いね」

ワイングラスを傾けつつ、ゆっくりとチェンマイの外食革命を起こした、このレストランについてお話を聞いたのでした。

チェンマイ市街地から離れたレストラン本店では隣接する農地でオーガニック野菜を作っていて、それがこのレストランのコンセプト。

タイでは数年前から農薬の問題が報道され、安全な野菜を食べたいという人が増え、そのニーズに応えるため3人の若者が立ち上がった。

(個人的には2012年ぐらいからタイのスーパーでもオーガニックコーナーが増えたように思う)

安心安全な野菜を自分たちで作り、その野菜を使った料理をすぐそばで食べられるようにしよう。

きっと、こんな話になったのだと思う。
オープンしたお店は今までにタイにはなかったスタイル。
健康的だし、お値段もリーズナブル。
こうして評判のお店になり、一躍人気店に。

メニューはタイの郷土料理ではなく、タイとユーロのフュージョンというべきか。

お店のテーブルに着くと、友人がおすすめを3皿オーダー。
「3皿だけだけど、多分すべて食べきれないと思うよ・・・」とニヤリ。

スペアリブは子どもの腕ぐらいありそうなほど大きく、その脇には生野菜がはみ出しそうにドン!
海老フライも同様。
そして「日本ではまず食べられないだろうから、ぜひ食べてみて」と頼んでくれたのは、メロンのサラダ。

メロン1個をくり抜き、果肉をたっぷり使ったこのフルーツサラダ。
美味しさのあまり、瞑目してしまいました。

案の定、3品すべて制覇できず。

タイにこんなお店が出来たとは。。。
上の写真はこのお店のミネラルウォーターのラベル。
この男の子たちが、このレストランを立ち上げた3人の若者です。

残念ながらカメラを忘れ、写真をとってないないのですがメニューは下記のリンクからどーぞ。

Ohkajhuのサイトはこちら

関連エントリー
チェンマイでGAC(ガック)フルーツのジュースを
なんとバナナを冷凍するとアレが2倍に!
果物の王様「ドリアン」の種を食べてみよう!
高齢者が栽培しやすいパッションフルーツ
老化しない人が愛する「禁断の果実」って?
寒い季節のデザートに焼きバナナはいかが?
アメリカ育ち。甘味で誘惑狙い撃ちのフルーツたち


食事

kaigonok • 2017年4月14日


Previous Post

Next Post