介護ノ求人コミュナビ

ストーリーのある介護、医療、福祉の求人と情報

コーヒーの日_R

『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる 』に目ウロコ!

書店で平積みされていた『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる Business Life』。
タイトルが気になり、読んでみました。

たしかに朝にコーヒーを、夜には(ごくたまに)ビールも飲みますが、それぞれカラダによい「飲み方」があることを知り、目ウロコ。

たとえば朝、飲むコーヒー。
目覚めの1杯として愛飲している方もいらっしゃるかもしれませんね。
皆さんはどの時間帯に飲んでいらっしゃいますか?

私は朝7〜9時の間に「シャキッ」をうながすつもりで飲んでいましたが、実はカラダ的にはNG。
朝、コーヒーを飲むなら、適した時間帯があるのです。それは…?

その理由もわかりやすくおしえてくれるのが本書。

内容紹介(Amazonより一部引用)

●専門医が教える、コーヒー&ビールで自律神経を整える「正しい」飲み方!

【コーヒー編】抜粋
「30分前のカフェインナップ」で商談・プレゼンの勝率が上がる
「浅煎り中有引き」で、脂肪燃焼効果大!
朝のコーヒーは「寝起きより「出社後」
暑い夏こそ、リフレッシュにはホットコーヒー
飲んだ次の日は、ブラックよりカフェラテ
無意識・無制限で飲むコーヒーは、デブと疲れの元凶
コーヒーを飲む量は1日3杯がベスト
上司にイラついたら、ソイラテを飲め
【ビール編】抜粋
「仕事終わりの1杯」は効率よく疲れを癒す
「とりあえず生! 」は科学的に正しい
ビールで代謝がアップする
ホップの苦味は胃腸を強くする
酔えない飲み会の日は、昼から水分摂取
一口飲んでから3分待つと、酔わない
二日酔いを防ぐ「1杯飲んだら1杯」の法則
汗を流した後のがぶ飲みは、痛風の原因に

想像してみてください。
大好きなコーヒーとビールを美味しく楽しみながら、疲れやストレスを除くことができるのです。

仕事もプライベートも絶好調!
この本を読み終える頃には、きっとそんな毎日を手に入れているはずです。

コーヒーとビールの飲み方を知ると、カラダの中身も変わってきそうです。

関連エントリー
GW明け。疲労の回復を早める鶏のムネ肉
夏は「疲労回復のビタミン」が豊富な豚肉を食せよ!
女子がこぞって飲みたがる「甘酒」。その人気の秘密とは?
吉備津神社近くで雑穀のキビを味わえるキビ団子
チョコレートを食べるとアタマに血がのぼる!


食事

kaigonok • 2017年9月10日


Previous Post

Next Post