介護ノ求人コミュナビ

ストーリーのある介護、医療、福祉の求人と情報

teddy-1603274_640_r

地球一周の船旅の参加者。シニア層が独占!

「地球一周の船旅」といえば、若い世代が参加するもの。
と勝手なイメージを抱いていましたが、最近ではシニア層が圧倒的な多くなったのだとか!
しかもリピーターも増えているそうです。

(前略)9日午前、横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナル。ピースボートがチャーターした客船「オーシャン・ドリーム」(3万5265トン)が93回目の「地球一周の船旅」に出航した。色とりどりの紙テープが舞う中、デッキに集まった乗客は白髪の男女がひときわ多かった。ピースボート事務局(東京都新宿区)によると、乗客約950人のほとんどをシニア層が占める。

かつての中心だった若者層は横ばい傾向で、150~200人程度で推移。代わって増えたのが定年退職を迎えた60歳以上の中高年だ。今回は南極遊覧を含めた南半球を巡る104日間の船旅。珍しい航路ということもあり、普段は7割ほどのシニア層が、リピーターを中心に8割に上った。

シニア層を引きつける理由について広報担当者は、4人相部屋で1人129万円からと他船に比べて安い価格設定であることに加え、日本発着の世界一周クルーズがピースボートの独占状態になったことを挙げる。

日本船籍の客船3隻のうち、「にっぽん丸」は2011年を、「飛鳥2」「ぱしふぃっくびいなす」は15年を最後に世界一周クルーズを行っていない。人気の地中海に向かう航路に当たるソマリア沖・アデン湾周辺で海賊行為が過激化したことや、中東や北アフリカ各地でテロなどの政情不安があるためだ。いずれも17年の世界一周クルーズの予定はないという。

(中略)

大さん橋で「オーシャン・ドリーム」の船内見学会に参加した同市内に住む70代の女性は「本当は日本の客船で世界一周に行くのが夢だった」と明かす。夫は「展望風呂から地中海を眺めるなど、日本船ならではの楽しみ方があった。国際情勢が良くなってほしい」と話した。

カナロコ by 神奈川新聞 12/18(日) 15:00配信より引用

私が勤めていた会社の上司も退職を機に、ご数ヶ月かけて世界を巡る船旅にご夫婦で初参加しました。
「普段、海外旅行に行っても観光では行けない場所にも立ち寄れて、思いきって参加してよかった!」とのこと。

また、飛鳥Ⅱに乗船したことのあるおばは、船内の展望風呂から見た富士山の美しさが忘れられない…と。船旅の話題になるたびにうっとりとした目になります。

あるクルーズ雑誌の編集者の方からうかがった話では「日経平均株価の上昇と船旅参加率は比例している」とのこと。
投資などが功をなし、時間もたっぷりある世代の方は海外でも「船旅」を選択する傾向にあるそうです。
そーいえば、最近は日経平均株価も2万円間近だし、船での旅行も大ブレイクしそうですね。

関連エントリー
18年ぶりに再開! スペイン・マドリッドまでの直行便!
ANAとJALのコードシェア便で日本の空事情が変わる!?
インタウン・チェックイン。香港は高齢者が身軽に旅できる!?
お江戸に遊ぶ!羽田空港国際線ターミナルの江戸小路
飛行機に乗らなくても遊べる!羽田空港国際線ターミナルで絵馬に願かけ


高齢者

kaigonok • 2016年12月22日


Previous Post

Next Post